会社売却・経営に関する役立つ知識をご紹介

売上分析のツール

タブレット

低価格で導入可能

同業他社との厳しい競争を勝ち抜くためには詳細な売上分析が必要です。自店の売上動向を知らなければ適切な販売計画が立てられないからです。こうした背景から生まれたのがposの仕組みです。レジ精算の記録を電子化して蓄積することで、多角的な売上分析が行えるようになったのです。しかしposに搭載される機能が増えると導入コストも膨らみます。個人経営の商店にとっては費用面が足かせとなり、導入に踏み切れないケースが多々ありました。ところが近年では個人向けのIT機器が発達し、ノートパソコンだけでなくタブレットも手ごろな価格で手に入れられるようになったのです。そこで開発されたのがposレジアプリです。アプリをダウンロードしたタブレットは売上を計算するレジとして機能します。また同じ端末でpos機能を使った売上分析もできるのです。100万円を超える投資が必要だった旧来のposレジに比べれば導入コストが大幅に抑えられるので、小規模な企業からも注目されている仕組みです。便利なタブレットposですが、取り扱いには注意が必要です。簡単に持ち運べる点はメリットですが、それゆえ盗難には気をつけなければなりません。置き場所は決めておき、使い終わったらすぐに戻すといったルールを徹底しましょう。タブレット本体もさることながら、posに蓄積されたデータはお金に換えられない価値のあるものです。重要な企業情報が入っている端末なのです。